Here you can put the main copy.

社長を知る

何かを作って、すごいねとほめられた経験の上にみんな生きているのだと思います

クライアントを感動させたい

左寄せ画像

 ゾウケイ社という会社を仙台市で立ち上げたのは平成9年のことです。今は店舗プロデュース、飲食店をメーンの業態に据えて、特に独立開業を応援する仕事を中心にやっています。私の出身は青森県です。大学を卒業後、東京本社のいわゆるディスプレイ業をなりわいとする会社に勤めていて、転勤という形で仙台に来ました。来てみて、すぐに仙台はいい街だなと思いました。まず、ご飯がおいしいし、それから、通勤するのに満員電車に乗らなくて済むというのも大きな魅力でした(笑)。東京に戻りたくないなと思っていて、そして、仙台で結婚をし、離れられなくなりました。起業したのは仙台に来てから2年目のことでした。

自分が今のような仕事をしている理由は何かと考えると、クライアントを感動させたい、ということがまずあります。その先のお店に来てくれる人にも喜んでもらいたいという思いも強い。自分にとってその源泉はと考えると、子どもの頃に親や兄弟に、何かを作ってそれを喜んでもらったことがスタートじゃないかなと思っています。みんなが笑顔で、自分も笑顔になれる。私は仕事を選ぶときも、やはりそこ決め手でした。現在では、空間づくりが仕事になっていますが、仕事をする上において、テーマはずっと変わっていません。裏方っぽいですが、自分がプロデュースしたお店にユーザーとして行って、他のお客様が来て喜んでいる姿を見られたらうれしいし、そのお店が繁盛していたらうれしいし、オーナーの笑顔が見られたら、それこそ最高にうれしいんです。そういうことをどんどん仙台から増やしていこうと思い、日々仕事をしています。