社長を知る

社長を知る

ゾウケイ社という会社を仙台市で立ち上げたのは平成9年のことです。今は店舗プロデュース、飲食店をメーンの業態に据えて、特に独立開業を応援する仕事を中心にやっています。私の出身は青森県です。大学を卒業後、東京本社のいわゆるディスプレイ業をなりわいとする会社に勤めていて、転勤という形で仙台に来ました。来てみて、すぐに仙台はいい街だなと思いました。まず、ご飯がおいしいし、それから、通勤するのに満員電車に乗らなくて済むというのも大きな魅力でした(笑)。東京に戻りたくないなと思っていて、そして、仙台で結婚をし、離れられなくなりました。起業したのは仙台に来てから2年目のことでした。

自分が今のような仕事をしている理由は何かと考えると、クライアントを感動させたい、ということがまずあります。その先のお店に来てくれる人にも喜んでもらいたいという思いも強い。自分にとってその源泉はと考えると、子どもの頃に親や兄弟に、何かを作ってそれを喜んでもらったことがスタートじゃないかなと思っています。みんなが笑顔で、自分も笑顔になれる。私は仕事を選ぶときも、やはりそこ決め手でした。現在では、空間づくりが仕事になっていますが、仕事をする上において、テーマはずっと変わっていません。裏方っぽいですが、自分がプロデュースしたお店にユーザーとして行って、他のお客様が来て喜んでいる姿を見られたらうれしいし、そのお店が繁盛していたらうれしいし、オーナーの笑顔が見られたら、それこそ最高にうれしいんです。そういうことをどんどん仙台から増やしていこうと思い、日々仕事をしています。

会社を知る

会社を知る

 店舗プロデュースを事業の柱としていて、ターゲットは震災後、意図的に飲食店の独立開業支援にしました。震災を機に一番自分たちが喜ばれて、力を発揮できる分野は何だろうとスタッフみんなで考えたときに、まず、飲食店の仕事は楽しいということがありました。力を発揮できると思ったのはやはり、飲食店のプロデュースは手間がかかり、他の会社からすると敬遠しがちな業種だったということもあります。そもそも地元で独立する人たちを応援したいという思いがあったわけですが、独立する人というのは自然と、飲食店や美容師さんが多く、必然的に飲食店さんが対象になってきたという部分もあります。

 それまで店舗であれば何でも商売の対象と言ってきましたが、何でもできると言っているとやはり何も見えない。何でも相談してください、では、相手は何を相談していいのか分からない。一つ軸を打ち出したことによって、相談されやすくもなりました。おかげさまで新規の受注は順調です。今、1年間に引き受ける仕事の額における割合は半分以上が飲食店になっていて、今後この割合はもっと高まっていく見通しです。

仕事を知る

仕事を知る

ゾウケイ社はサービス業です。サービスとは、人の代わりに、形のないものや、使えば消えてしまうものを提供するということです。具体的に私たちの仕事は、立体的な空間づくり、店舗づくりです。店舗づくりには多くの人々が関わります。設計、デザインも大事ですし、どこに出店するのかという、土地の選定も必要になります。さらに飲食店であれば、調理器具や厨房設備もそろえなければなりませんし、食材を卸す人、メニューを一緒に一生懸命考えてくれるフードコーディネーターという人なんかも必要になります。それらの人をオーガナイズするのが私たちです。オーケストラで言えば、指揮者になります。それぞれがいい音を出せる、いい仕事ができる環境づくりをする、パフォーマンスを上げさせるというのが私たちの役割です。そうして、お客様に感動してもらうわけですが、これはまだ第一関門に過ぎません。次がまだあります。今度はプロデュースしたお店さんを繁盛させていかなきゃいけません。悩みを聞いたり、コンサルティングしたりと、アフターメンテナンスの部分も担います。つまりは、お客様とどう二人三脚でやっていくかということになるわけです。この辺を重視していることが、われわれの重宝されている一因だと考えています。

 当社のこの店舗プロデュースに関わる分野で人材を確保したいわけですが、現状では営業、設計・デザイン、管理いろいろ手薄なこともあり、具体的にこれをやってもらおうというものは決定していません。いい人材がいて、その人に向いた仕事をしてもらいたいというのが今のスタンスになっています。ただ、次の二つの事業は、もし専任でできる方がいれば、ぜひお願いしたいというのが今の実情です。二つともこれから伸ばしていきたい事業で、将来性に富んでいます。

仲間を知る

仲間を知る

 昨年9月に入社しました。今28歳ですが、この業界は初めてです。前職は住宅の保険会社で現場の検査をやったり、図面の審査をやったりしていました。転職のきっかけは小島社長です。いろいろやりたいことを探して、勉強していたのですが、その一環で、ご縁紡ぎ大学に参加していたら、そこに社長もいらっしゃって、知り合うことができました。何度も会っている中で、社長にうちで一緒に仕事をしないかと誘われました。社長はいつもにこにこしていて、そして、明るい方です。飲食店をプロデュースしているということや講演会を開催しているという仕事の中身を聞いて、人と直接触れ合って、“ありがとう”と言われるような仕事をしてみたいという思いがすごく強かったこともあり、お世話になることを決めました。

採用情報